ホーム  ご相談の流れ Q&A 顧問料の目安 ご紹介事例

紹介実績NO.1ビスカス
建設業に詳しい会計事務所をお探しの方、税理士紹介ビスカスまでお問い合わせください。
顧問の変更、新規契約、法人化、節税対策など、ご用件に合わせて最適な会計事務所を無料でご紹介します。
無料相談フリーダイヤル 0120-024-497
税理士ご紹介の事例
・紹介事例1 領収書のまとめ方から丁寧に
・紹介事例2 顧問契約の解除から新しい税理士を
・紹介事例3 顧問料に見合ったサービス
こんなお悩みはありませんか?
従業員と外注の
違いは?
建設業許可関連の
手続きって?
工事別の
損益を知りたい
どこまでが
経費?
経営審査事項の
節税したい
会計ソフトの
使い方って?
●従業員と外注の違いは?
従業員には「給与」、外注には「外注費」。外注の方が、消費税のことを考えると、会社にとって有利なように思われます。 しかし、従業員と外注の判定は、客観的な事実関係から行われます。専門的な知識のないまま、安易に判断することは危険です。
●建設業許可関連の手続きって?
地域や規模、業種によって手続き方法が変わる場合もございます。なかなか一筋縄では行かないことも多いです。 まずは、専門家に相談をした上で、手続きの内容をしっかり把握することが必要になります。
●どこまでが経費になりますか?
経費にできるのか、できないのか、税理士の先生に相談をした上で決定した方が安心です。 確認は面倒に思われるかもしれませんが、税務調査で指摘をされてしまったら、その時のほうが大変です。 また、自分では経費に計上できないと思っていたものも、意外と経費にできる場合もあります。
土木建築
初歩から指導してほしい
税務に関しては分からない事が多く、苦手意識を持っていました。
事業が忙しい事もあり後回しにしておりましたが、
このままでは申告をしっかりとするのは難しいと感じ、ビスカスさんにご相談いたしました。
●税理士顧問料
業界に詳しい先生。 丁寧なアドバイスで安心!
初めて税理士をつける
月額顧問料1.5万円
決算顧問料7.5万円
●税務はわからないことが多く
事業を立ち上げて2年目になりました。 がむしゃらにやってきて何とか形になってきたかなと実感できるようになってきました。 事業をしている者として申告をしなくてはいけないのは分かっていたのですが、分からない事も多く苦手意識もあり、ずっと後回しにしてしまっておりました。 自分達では、何から手をつけたらよいかも悩むような状態でしたので、ビスカスさんに相談する事にしました。
●コーディネーターさんに相談
税務に関しては全くの素人でしたので最初に電話をかけるまで、何も知らな過ぎて紹介を断られてしまうのではないかと不安に思っていたりしました。 ですが、それは思い過ごしだったようで、ビスカスのコーディネーターさんに、初歩から指導してもらえる先生を紹介していただけると答えてもらえた事でとても安心しました。 この人たちなら大丈夫だと感じましたので、建設業界に詳しく色々な相談がしやすい先生を紹介していただく事にしました。
●領収書のまとめ方から
ご紹介いただいた先生の中で、一番年齢の高い税理士先生が私達には合っているように感じました。 はじめは年齢の近い方の方が良いのではないかなどと考えていましたが、実際に面談をさせていただき考えが変わりました。 長年建設業の税理士として活躍されていたのもあり、経験豊富である事で建設業界に非常に詳しく、税務だけでなく経営全般にもアドバイスいただけた事。 説明が分かりやすく色々な質問や相談がしやすかった事など、実際に会ってみないと判断つかない事があると改めて実感しました。 先生に顧問になっていただくまで、領収書を正しくまとめていない状態でしたので、日付でノートに貼り付け日記帳のようにするなど、経理の初歩から御指導いただいております。
建築設計
相性を第一に考えて
過去に諸事情がありまして、現在は顧問税理士を付けていない状態です。
それから独学で会計業務を行っていましたが、 今後の事業拡大を考えると、
このままでは厳しいという事で、税理士の紹介を依頼しました。
●税理士顧問料
経験を生かして自計化。 以前よりも顧問料が安く!
月額顧問料2.5万円
決算顧問料12万円
月額顧問料2万円
決算顧問料12万円
●諸事情があり
数年前までは近郊の会計事務所にお世話になっていたのですが、こちらでは申し上げにくい諸事情がありまして顧問契約を解除し、現在は代表の私が会計業務も行っております。 社の人間や周りの方の協力もあり独学でやってきましたが、最近はありがたい事に業務も増えてきまして、そろそろ税理士先生にお願いしなくては厳しい状況になるのは明らかでした。
●若手社員から教えてもらい
以前の顧問をしていただいていた会計事務所に、改めて顧問契約を頼む気にはなれませんでしたので、税務署などに相談をしようかなどと考えている時に、会社の若手社員から税理士の無料紹介をしているホームページがあると教えてもらいました。 税理士の紹介をしているホームページはたくさんありましたが、税理士紹介業というものを一番最初にはじめたビスカスさんなら間違いないだろうと思い、税理士の紹介をお願いする事にしました。
●避けたい事
最初の段階で、以前に顧問であった会計事務所との経緯を説明しました。 こちらとしては偶然であっても、以前の会計事務所を紹介されたらやっかいな事になるという恐れがあったのですが、顧問であった会計事務所はもちろんの事、その会計事務所と深い交流がある別の事務所も避けて探していただけると伺い胸を撫で下ろしました。 面談でお会いした先生は大変話やすい方でしたので、すぐに打ち解ける事ができました。 何度か自分達だけで申告をしていた経緯もあり、自計化も済んでいましたので思っていたよりも安い顧問料で見て頂ける事になり、私の負担も減りましたので助かっています。
建設業
親身になってくれる先生
長年お付き合いをしている先生がおりましたが、実際に会うのは申告時期だけ。
スタッフの方が毎月来ていましたが、対応などに疑問を感じる部分がありました。
ビスカスさんにサービスの比較を提案していただき、面談を決断いたしました。
●税理士顧問料
顧問料は据え置き、 サービスの質が大幅にアップ!
月額顧問料3万円
決算顧問料15万円
月額顧問料3万円
決算顧問料15万円
●サービスへの不満
ビスカスさんに現在の税理士を紹介いただく前は、10年以上のお付き合いのある先生がおりました。 顧問の税理士先生なのですが実際にお会いするのは、申告時期だけでした。 通常は毎月スタッフの方が帳簿をコピーして持ち帰るだけで、質問や相談をしても事務的な対応でなにも答えてもらえずに不満には思っておりました。 ですが、税理士の行うサービスを比較した事もありませんでしたので、不満はあれどもそういうものかと諦めている部分もありました。
●適性価格かどうか
ビスカスのコーディネーターさんからの電話も、長年モヤモヤと貯めていた不満がなければまったく聞こうとも思わずにすぐに切っていたはずでした。 ですが、タイミングがあったと言いますか、貯め込んでいるのも限界に近かったようで「税理士の比較検討」という言葉に、この人の話を聞いてみようと気持ちが動きました。 今の顧問税理士の関与がどの程度かと不満に思っていた事や、現在の顧問料などをコーディネーターさんにお伝えしました。 するとコーディネーターさんは驚いた様子で「まだ、そういう税理士さんがいらっしゃるんですね」と・・・ 今まで顧問料に見合わないサービスを受けていたのだと気が付きました。
●満足できるサービス
これも何かの縁だと思い、ビスカスさんからのご紹介で2人の税理士先生と面談させていただきました。 私もそれなりの年齢で、後継者に後を継いでもらった後のことなども考えて、随分と年齢は下でしたが若い税理士先生に、新たな顧問になっていただく事にしました。 顧問料などは以前の税理士先生と同じ金額で、月次で先生自らが訪問していただけますし、経営相談なども受けてくれますので紹介して頂いてよかったと感じております。